2013年04月09日

TOEIC,TOEFL,英検それぞれの違いと特徴

TOEIC,TOEFL,英検それぞれの違いと特徴


位置情報TOEIC
http://www.toeic.or.jp

位置情報TOEFL
http://www.ets.org/toefl/

位置情報英検(日本英語検定協会)
http://www.eiken.or.jp/eiken/








TOEFL Test: Speaking Questions




TOEFL勉強法

ひらめきTOEFL 勉強法




位置情報TOEFL 公式サイト
http://www.ets.org/toefl/

位置情報TOEFLテスト
http://www.cieej.or.jp/toefl/
TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は世界中で受験されている、英語運用能力テストです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、130カ国8,500以上の機関が、TOEFLテストスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。

TOEFLテストとは
TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFLテストの種類
TOEFLテストには、TOEFL PBT(Paper-based Test ペーパー版TOEFLテスト)とTOEFL iBT(Internet-based Testインターネット版TOEFLテスト)があります。現在、日本ではTOEFL iBTが実施されており、TOEFL PBTは2007年11月以降実施されていません。

TOEFL iBTの構成
TOEFL iBTは、英語をどれだけ「知っている」か、ではなく、「使える」かに焦点をあて、より実生活に即したコミュニケーション能力を測定するテストです。
・「読む」「聞く」「話す」「書く」の4セクション構成
・テストセンターで1人1台コンピュータが割り当てられ、
・全セクションコンピュータ上で受験 
・テスト所要時間:4-4.5時間
・全セクションでメモをとること(Note-taking)が可能
・Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される
・スコアの充実
 (点数に加え、「スコアの持つ意味」の解説 (Performance Descriptor)も示される)
・同時に複数の技能を測定する問題(Integrated Task) がある
 (SpeakingセクションとWritingセクションのみ)








位置情報TOEFL iBT スコア利用実態調査報告書2012年版(PDF形式/3.57MB) 
http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/score_report2012.pdf
TOEFLテストスコアは、世界中の大学が英語を母国語としない入学申請者に対して提出を義務づけている他に、日本国内においては大学・短大・大学院における入試での利用などのような目的で広く活用されています。








ペン英語能力テストはどこまで役に立つのか TOEIC、TOEFL、英検それぞれの強みと弱み
http://www.j-cast.com/2013/04/07172550.html
(J-CAST ニュース 2013.4.7)
自民党の教育再生実行本部が2013年4月4日にまとめた提言で、大学の受験資格や卒業要件に民間の英語能力テスト「TOEFL」(トーフル)で一定以上の成績を収めることを柱に掲げた。4月8日に提言を安倍晋三首相に提出し、夏の参院選公約にも一部盛り込むという。
日本ではこれまで、英語の実力をはかるテストといえばTOEIC(トーイック)や英検が広く知られてきた。こうしたテストとTOEFLとはどこがどう違うのか、専門家に話を聞いた。
「TOEICが通用するのは日韓と台湾くらい」
TOEFLは1964年、英語を母国語としない人を主な対象に、英語コミュニケーション能力を測るテストとして、TOEICの母体でもあるアメリカの教育団体、ETSにより開発された。大学のキャンパスや教室といった実生活で必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定する。満点は120点で、TOEIC同様、スコアがそのまま実力を示す数値となる。日本国内での受験料は225ドル(約2万2000円)で、日本の平均スコアは70点
TOEICや英検との目立った違いは、その用途だ。日米会話学院(東京・四谷)によると、TOEICは日本の企業などで、英語力をはかるものさしとして昇進や採用などの基準に利用されることが多く、英検は主に中等教育の一環として使われている。一方のTOEFLは平たく言えば、「アメリカの大学に留学したい人の英語力を測るためのテスト」だという。
そのためTOEFLの受験者は、世界的にはTOEICよりずっと多い。実施国数を見ても、TOEFLは180か国で、TOEICは120か国と差がある。しかも、「TOEICの実施国のほとんどは便宜的にやっているだけではないでしょうか。実際の受験者は日本と韓国に、加えても台湾がほとんどでしょう。世界的な通用度はTOEFLのほうが圧倒的に上です」(日米会話学院)。アメリカ以外に、イギリスやシンガポールの大学院でも、募集要項にTOEFLのスコア基準が書かれているが、TOEICはない。TOEICはほとんど日本国内で働く時にだけ、有効というわけだ。
ただ、TOEFLの日本の受験者数は、海外の大学院や大学への進学に特化した性質から、内向き志向とあいまって減少しているという。日米会話学院でもTOEIC対策の受講者のほうが多いそうだ。
難易度にも大きな差がある。TOEFLでは、アメリカの大学の1年生が使う教科書レベルの文章が、文理問わず幅広い分野から出題される。そのため、読み聴きした英語をその場で速く正確に理解し、受け答えする力が必要になる。基礎的な力をはかるという面が強く、受験対策が取りにくいので、「英語力を測る精度はかなり高い」という。
「東大生のように、英語の受験勉強をきちんとやった人たちでも、TOEFLに向けてはまったく別の準備をかなりやらないと、ある程度のスコアを取るのは無理です」
一方のTOEICは、一般にはリスニングとリーディングの点数しか評価されない。また、ビジネスシーンでの日常会話が出題のベースとなっているため、断片的な情報から経験や推測をもとに正解を選べてしまう。対策も比較的容易だという。担当者は「(こうした『受験勉強』で)高得点をとった人も、いざ海外に行くとなると、うちに来て勉強するんです」と笑う。
英検については、前述の2つとかなり形式が異なるため、一概には比較できない。ただ、文法や単語と言った基礎的な力がきちんと押さえられているため、日本人の英語力を測る尺度として「馬鹿にできない」。担当者は、あくまで個人的にはと前置きした上で、「TOEIC800点と英検準1級だったら、英検準1級の方が、力があると評価しますね」と話していた。








<英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」>













かわいい中学受験(小学生の勉強)
http://juniorexam.seesaa.net/

かわいい高校受験(中学生の勉強)
http://highexam.seesaa.net/

かわいい大学受験(高校生の勉強)
http://uniexam.seesaa.net/

かわいい就職活動
http://recruit.seesaa.net/










posted by 家庭教師 紹介 家庭教師 派遣 at 16:03| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。