2014年01月30日

小保方晴子 STAP細胞

小保方晴子さんのプロフィールと略歴とSTAP細胞の画像
STAP細胞.jpg


マウスの細胞を、オレンジジュースぐらいの弱酸性液に浸して30分間ほど刺激を与えるだけで、万能細胞ができたそうです。
STAP細胞と名付けられました。刺激惹起性多能性獲得細胞(しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう)で、STAPは、Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency の略語です。

この研究にユニットリーダーとして携わった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんは、30歳の若手研究者です。

小保方晴子.jpg


ペン小保方晴子さんのプロフィールと略歴

ペン小保方晴子(おぼかたはるこ)さんのSTAP細胞の研究






小保方晴子(おぼかたはるこ)尾保方晴子,小保方春子,小母方春子
posted by 家庭教師 紹介 家庭教師 派遣 at 03:05| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。